探偵事務所が行う妻の浮気調査について

探偵の仕事の内容に対する妻の浮気調査とその内容

探偵の仕事というのは多岐にわたります。

簡単なところで浮気調査や行動調査など特定の人物の素行の調査があります。漫画などによく出てくる殺人事件の解決などもあるかもしれませんが、主体は警察で探偵はそれに付随する仕事をするくらいでしょう。

浮気調査の中では夫が妻の浮気調査を依頼することも、もちろんあります。
妻の浮気調査も夫の浮気調査のプロセスと変わらないと思います。探偵が依頼されて浮気の証拠を挙げて、依頼者はその証拠を元に慰謝料を請求するといった一連の流れは想像に難くありません。弁護士を交えての話になれば裁判にも進展しかねません。

証拠の正確性が非常に高く求められるため、ただの浮気調査といえど気は抜けません。 浮気調査というものはただ特定の人物を張り込んで調査するだけのような気もしますが、必要な能力は多くしかも優れていなければなりません。

妻が夫の浮気調査を依頼することは多くても、夫が妻の浮気調査を依頼することはなかなかないと思います。

その分では逆の場合に比べて成功率は上がるでしょう。夫の方も、妻はまさか探偵を雇って浮気調査をしているなんて思っていないと思うはずです。

行動調査

行動調査の方は証拠を挙げるというより、何をしているかの把握やチェックが主な仕事でしょう。決まった行動に注視するのではなく全体を通して観察しなければならない分、浮気調査よりも行動調査の方が集中力は必要かもしれません。

行動調査の方は最初の契約の際に、経費もそうですが依頼内容に関して浮気調査よりも取り決めが多いと思います。

例えば妻の浮気調査であれば、妻の愛人についてのプロフィールや予想される行動などを知った後で特にどういう点に注視してほしいか、またどういったことまでを報告対象にするのか、依頼者と探偵の相談で決まります。ただ大抵の行動調査の依頼者はできる限りの情報を得ようとすると思います。必要な情報か否かは依頼者が行うでしょう。

行動調査も内容によっては浮気調査に入るかもしれません。妻の浮気調査を行っていて、明らかに浮気をしている前提でその内容を知りたいとなれば、それは行動調査となります。必要に応じて証拠を掴むなり妻の愛人の行動をチェックするなり、探偵事務所の技量が問われます。

妻の浮気調査の証拠は夫の浮気と内容が違うと思います。身につけているものが一番の大きな違いだと思いますが、基本的には興信所が写真を撮ることなどで物的証拠を確実に抑えると思います。

行動調査の危険度

世の中には個人として仕事をしている探偵と組織に所属している探偵がいると思います。

それぞれにメリットがあると思いますが夫の浮気調査で言うと、素早く証拠がほしい時は個人探偵、じっくりと色々な証拠が欲しい時は調査会社が良いような気がします。

妻の浮気調査などはその仕事単体では終わらない可能性があるため弁護士や警察方面への関わりがあると思いますが、そういったところと協力する際は個人よりも組織の方が良いでしょう。名の知られた個人探偵なら別ですが、基本的に組織のような大きな集まりの方が連携しやすいと思うからです。 妻の浮気調査や行動調査の仕事をしている間に危険な思いをすることもあると思います。

妻の愛人がちょっとした人物だったり行動パターンが危険なことだと予想できる場合でも、仕事を受ければ全うせざるを得ません。どちらかというと行動調査の方が危険度は高いと思います。

行動パターンが大抵決まっているため危険な調査かどうかは依頼を受ける段階で分かります。調査とついていますが、実際には警察と連携して踏み込んだ仕事をする必要もでてくるかもしれません。 夫も妻も本当は自分のパートナーの素行調査はしたくないと思います。しかし妻が夫の浮気調査を、また夫が妻の浮気調査を依頼した時点でその夫婦の関係は崩壊したも同然のように思えます。一度疑って行動に移してしまえばあとは引くことはできないと思います。夫の皆さん、どれだけ奥さんが疑わしくても最終手段を取るまでは、慎重に行動してください。