探偵事務所が行う妻の浮気調査について

高額な調査費用を請求

浮気調査を興信所に依頼する前によく考えてみてくださいね。
近頃の興信所、探偵事務所は、悪質なところも多いと聞きます。水増し請求されたり調査能力もあまりないのにウソの報告をしておいて高額な調査費用を請求されたりとそんなことのない様に事前に貴方も対策が、必要です。
ある程度は、夫の浮気調査を自分でもしておいて確証を持っておいてから探偵、興信所の事務所へ身辺調査の依頼をしないと高い調査費がムダになってしまうので、まずは、浮気かどうか?貴方自身が、探偵になったつもりで、チェックしてみてください。
何をして良いのか分からないなら、何処の興信所、探偵事務所にも無料相談窓口が、あ りますので、そこで、聞いてみてください。無料相談窓口は、契約を取るための大切な部署ですので、親切に対応してくれるはずですし依頼する前の対応のレベルと会社の質を見抜く為にも是非窓口を使ってみてください。いらない調査費用を浮かせることも出来、下見も兼ねることが出来て、一石二鳥ですね。

確証を掴むまでのポイント

確証を掴むまでのポイントを順を追ってあげていきますね。
①最近、仕事の帰りが遅くなってきた。
②携帯を家の中でも持ち歩くようになってきた。
③携帯にロックをかけている。
④休日出勤が、やたら増えてきた。
⑤見たこともない持ち物が、増えてきた。
⑥話しかけても上の空で、聞いてないことが、多い。
⑦メールチェックばかりしている。
この七点が、あれば危険です。すべてに当てはまると、もう確実でしょう。あてずっぽうで、いいので、問い詰めてみましょう。
案外、探偵の尾行も興信所の浮気調査も必要ないかもしれません。その前に証拠を掴んでしまえば、そのまま詰問して、最後は、洗いざらい全部・・・ということも考えられるでしょう。
最終的に離婚騒動になれば、証拠としては、探偵、興信所を使って集めた証拠が、貴重な証拠として使われることになりますが、本人が認めてしまえば、証拠を集める必要性もありません。
しかし、意外に役に立つのにやっていないものに日記です。その日その日のパートナーの行動を日記形式で、付けていくのです。これは、家庭裁判所でも証拠として有効になりますので、まめに記入しておいて下さい。
後で、適当な言い逃れもこれで、時系列が、合わないことを指摘して、しっかり見破る ことが出来ますので、探偵の身元調査よりも重宝します。
尾行調査と一口にいってもこういった本人の努力が、後々になって探偵、興信所員が、集める証拠よりも大切な資料として生きてくることがあるので、まめに記入してパートナーのウソを見抜きましょう。