探偵事務所が行う妻の浮気調査について

結婚前から浮気をしていた働き者かと思われた妻

結婚後も頑なに専業主婦となることを拒み、普通の会社で正社員として働き続けてきた妻。

今思うと仕事を辞めたくなかったのは会社にて上司である浮気相手と会い続けたかったからなのかもしれません。

それに、働いておれば社員旅行に行く、残業がある、として浮気相手と会っていてもカモフラージュができやすいです。

妻は29歳の時に結婚し、浮気が発覚したのは34歳の時でしたが、30代となってもネイルサロンに行く、流行の服を追いかける、美容院には定期的に行く、と外見に非常に敏感でした。

旅行や残業の回数が多い、妻と共通の友人から浮気をしているかもしれないとの不穏な噂を聞かされる、といった要素から探偵に電話にて相談をし、 まずは打ち合わせを、と飲食店で会ったのですが、その際に妻の写真を見せると、探偵業者は「美人で外見に気を使っているので浮気の確率は高い」と示唆してくれました。

結婚後、30代になっても妻が綺麗にしてくれているのは旦那として嬉しいものですが、 浮気相手のために綺麗にしている、綺麗だから浮気の可能性が高くなる、とあっては旦那側からするとがっかりどころの話じゃないですよね。



休みであるはずの週末であっても、「仕事があるから」「会社の人との交際があるから」と家を空ける妻、さすがにこれはおかしいと思いました。

やはり他の男性と会っているのではないかと思うと、耐え切れずに調査をお願いしました。

探偵の調査が開始されて

妻に今度の土日はどうやって過ごすのか、とそれとなく尋ねると「身体が疲れたからマッサージに行って、ネイルサロンに行って、買い物をする」と返ってきました。

やはり一人で外出をする予定なのだと把握でき、探偵に土日に調査を依頼。

土曜日の朝11時からめかし込んで家を出た妻、商業施設で外見を磨いたり買い物をしたりすると私には言っていたのに、車で辿り着いた先はごく普通のマンションだったようでした。

探偵調査員が調べた結果、そのマンションの住人は男性でした。

その土日はマンションに入り浸っただけで終わり、更にまた来週調査を依頼しました。

次の週は先週会ったマンションの住人である男性と日帰り温泉に行った様子でしたが、ラブホテルではないので浮気の証拠とするのは難しい、とされました。

この時点で相手の男性は結婚前から妻の職場にて働いている、妻の上司といった情報を入手していました。

友達同士でも温泉には行くために、浮気の証拠とできないのが残念でしたが、しかしその後、探偵調査員に浮気相手のスケジュールを把握してもらい、 平日にも調査を依頼した結果、ラブホテルに入る姿が激写できました。

やはり明確な浮気の証拠とするには、ラブホテルに入った証拠が欲しいところです。 浮気の証拠として有効なケースは様々存在するそうですが、プロの探偵の判断がなければ「有効な浮気の証拠」の判断は難しいと実感しました。

また、裁判に関することはやはり弁護士に相談した方がよろしいでしょう。アフターフォローが充実している探偵事務所なら弁護士の紹介もしてくれると聞きました。 全てが終わって思う事は「私個人では実現しない結果」であり、浮気の証拠を取得できない後悔をすることは耐えられなかったと思えるのです。

証拠があるからこそいろいろな手が打てるのです。加えて私自身の「精神的な区切り」にも浮気調査の結果が作用して気持ちが切り替えられたと感じています。 更に、もっと早くに、いや、婚姻届を出す前にいろいろと調査して貰うべきだったとも思いました。

いわゆる「婚前調査」というものがこういう事態を想定して行われているんだと実感しました。 結婚前から交際が続いている相手がいたとは絶句するしかありません。

私が言うのもちょっとおかしなことですが、こういうことはそれほど珍しいことではない時代になってきているのかもしれませんね。