探偵事務所が行う妻の浮気調査について

浮気調査ってどんな調査?

浮気調査では、夫や妻など配偶者、恋人が浮気をしていないかを調査するものです。 探偵・興信所ではプライバシーにかかわることとして、知りえた秘密が厳守されます。 個人情報保護法が施行されてから、しばらく経ちますが、探偵・興信所においても、その遵守せねばなりません。 したがって、相談者や調査の対象者に関する情報は使用されません。
調査しなければわからない事実を確認することで、最悪の事態を未然に回避することを主眼としています。 利用の際は、探偵・興信所に相談のうえ、予算に合った調査プランにします。 どんなふうに浮気調査されるかというと、夫、妻、恋人の行動、異性との交流、出先などを、指定時間中、調査します。 朝、昼、晩、深夜時間帯問わず、24時間の張り込みがあり、徒歩や車で尾行します。 対象者の浮気相手を特定することができ、尾行してその住所を特定することができます。
身辺調査によって、写真やビデオ撮影による証拠をもって、調査報告があります。 それら証拠と調査報告によって、裁判や調停の際の証拠として用いることができ、交渉ごとにも証拠になります。つづいて、弁護士への相談も可能です。

必ずしも浮気しているとは限りません

身元調査費用は探偵・興信所や内容によって異なります。最低でも5万円以上はかかるでしょう。諸経費がかかれば、さらにかかります。
浮気調査といっても、必ずしも浮気しているとは限りませんが、疑わしい出来事があってこそです。 たとえば、とある夫が、妻の発言内容に不信を抱くようになって、夫婦仲が冷めていた折、妻の行動を調べました。 どのような不信であるかというと、1年ぐらい前から、携帯電話でメールをする回数が増え、ときおり、女友達の家に泊まりに出かけるようになったというのです。 探偵・興信所では、その泊まりの日に、行動を尾行調査しました。その結果、男性と会い、ラブホテルへ入っていく場面が証拠として残されました。
いざ、このようなことがあると、とても複雑な気持ちになります。 そうして、離婚話しになったわけですが、妻はその男とネットで知り合い、寂しかったために関係をもってしまったのでした。 日ごろから妻をかまわずに過ごしていたこと、それから、妻が号泣し、もう浮気はしないという約束をして、離婚せずにもう一度やり直してみることになったというケースです。
夫婦仲を維持するのかしないのか、相談したうえで、お互いの折り合い点を見出すのが第一です。 探偵・興信所の浮気調査結果が、過ちであってもなくても、実情が確認されるでしょう。